読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi 2 を AirPlay サーバーにする

Sharepoint Sync をインストール

本家 の General Build Instructions を参考に必要なライブラリをインストール。 libsoxr は負荷が高いようなので使用しないことにする。

$ sudo apt-get install build-essential git
$ sudo apt-get install autoconf automake libtool libdaemon-dev libasound2-dev libpopt-dev libconfig-dev
$ sudo apt-get install avahi-daemon libavahi-client-dev
$ sudo apt-get install libssl-dev
$ sudo apt-get install libpolarssl-dev

続いて Sharepoint Sync 本体のインストールに移る。

$ git clone https://github.com/mikebrady/shairport-sync.git
$ cd shairport-sync
$ autoreconf -i -f

systemd が走っているシステムなのか System V なのかを次のコマンドで判断。出力に systemd を含むものがあれば前者。

$ ps aux | grep systemd | grep -v grep

コンパイルオプションを指定して make してユーザーを作って make install する。公式の手順に従っているだけ。

$ ./configure --sysconfdir=/etc --with-alsa --with-avahi --with-ssl=openssl --with-metadata --with-systemd
$ make
$ getent group shairport-sync &>/dev/null || sudo groupadd -r shairport-sync >/dev/null
$ getent passwd shairport-sync &> /dev/null || sudo useradd -r -M -g shairport-sync -s /usr/bin/nologin -G audio shairport-sync >/dev/null
$ sudo make install
$ sudo systemctl enable shairport-sync

名前の設定を変更する。

$ sudo vi /etc/shairport-sync.conf

general = {
  name = "AirPi";

}

あとは $ sudo reboot すれば使えるようになるはず。同じネットワークにある iOS 機器 もしくは iTunes から、さきほど設定した名前のデバイスが検出できていることを確認する。

USB オーディオ機器を接続

オーディオの音質を上げるため、USB サウンドデバイスを接続した。手順は ここ を参考にした。デバイスとしては、家にあった UA-4FX を利用した。

まずは何も接続していない状態でサウンドデバイスを確認。

$ cat /proc/asound/modules
0 snd_bcm2835

USB に UA-4FX を接続して、再度確認。

$ cat /proc/asound/modules
0 snd_bcm2835
1 snd_usb_audio

この機器番号 (1) をデフォルトとして使うように alsa のコンフィグを変更し、再起動。

$ sudo vi /usr/share/alsa/alsa.conf
...
defaults.ctl.card 1
defaults.pcm.card 1
...
$ sudo reboot