読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vim で Evernote を編集するために vim-geeknote を導入する

Vim

この記事は KainokiKaede Advent Calendar 2014 15日目の記事です(大嘘)

EvernoteVim で編集したい。Geeknote と vim-geeknote を導入してこれを実現する。

環境: OS X Yosemite 10.10.1, MacVim-KaoriYa, NeoBundle

Geeknote の導入

コマンドラインから Evernote を編集するプログラムである Geeknote をまずは導入します。

公式 を参考に。

$ git clone git://github.com/VitaliyRodnenko/geeknote.git
$ cd geeknote
$ sudo /usr/bin/python setup.py install  # Install to the system python (/usr/bin/python), not to the Homebrewed python (python).
$ geeknote login

vim-geeknote の導入

公式

Geeknote から Evernote にログインした状態でしか使えないので注意。

NeoBundle ’neilagabriel/vim-geeknote'

vim-geeknote を使う

詳しい使い方は上記の公式ページを参照。

:Geeknote でノートのリストを表示。Enter でノートの編集を開始。ふつうに :w すれば保存可能(ほぼ同時に Sync される)。:GeeknoteSyncEvernote 側の変更をフェッチすることもできる。

ノートの1行目はタイトルなので削除してはいけない(リネームは可能)。タイトルのリネームはリストを書き換えて保存することでも可能(まじすか)。これと同じ発想でノートの移動も可能(ノートの行を他のノートの中に移動させる)。

:GeeknoteCreateNote <name> で新しいノートを(現在選択されているノートブックの中に)作成。

ちょっと見栄えを良くするために vimrc に次を記述。リスト表示の横幅の最大を制限するのと、行数表示を消す。

let g:GeeknoteMaxExplorerWidth=60
autocmd FileType geeknote setlocal nonumber