読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Raspberry Pi に Homebridge をインストールする

CentOS 6 へインストールを試みたのだけれど全くうまくいかないので、常時動いている Raspberry Pi (IP: 192.168.11.20) がいたのでそちらで使えるようにすることにした。

基本的には Homebridge の Wiki を読んでその通りに行う。

システムをアップデート

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

アップデート中に次のように訊かれた。Diff を取ってみたらおそらくこの Raspberry Pi で動いている別プログラムの GPIO まわりの設定に関してだったので、弄らないほうがよかろうという判断で現在のバージョンを維持した。

Configuration file '/etc/udev/rules.d/99-com.rules'
 ==> File on system created by you or by a script.
 ==> File also in package provided by package maintainer.
   What would you like to do about it ?  Your options are:
    Y or I  : install the package maintainer's version
    N or O  : keep your currently-installed version
      D     : show the differences between the versions
      Z     : start a shell to examine the situation
 The default action is to keep your current version.
*** 99-com.rules (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ?

C++14 が利用可能であることを確認。

$ g++ -v
...
gcc version 4.9.2 (Raspbian 4.9.2-10)

Node インストール

Raspberry Pi Model B+ なので armv6l 用のを選択(Raspberry Pi 2 は armv7l のを選択するようだ)。現在の最新版を入れておく。

$ wget https://nodejs.org/dist/v6.2.2/node-v6.2.2-linux-armv6l.tar.gz
$ tar -xvf node-v6.2.2-linux-armv6l.tar.gz
$ cd node-v6.2.2-linux-armv6l
$ sudo cp -R * /usr/local/
$ cd ..
$ node -v
v6.2.2

Avahi インストール

$ sudo apt-get install libavahi-compat-libdnssd-dev

Homebridge インストール

--unsafe-perm をつけないとエラーが出てインストール出来ない。つけても下記のようなエラーが出るが、source compile にフォールバックしてなんとかなっているようだ。

$ sudo npm install -g homebridge --unsafe-perm
...
node-pre-gyp ERR! Tried to download: https://rvagg-node.s3-us-west-2.amazonaws.com/bignum/v0.12.5/bignum-v0.12.5-node-v48-linux-arm.tar.gz
node-pre-gyp ERR! Pre-built binaries not found for bignum@0.12.5 and node@6.2.2 (node-v48 ABI) (falling back to source compile with node-gyp)
...

これでとりあえず homebridge を起動できるようにはなった。確認。

$ homebridge

番号みたいなのが表示されたら成功。Warning が6行ぐらい出るが無視しろと 公式に書かれている

homebridge-irkit, homebridge-cmd インストール

$ sudo npm install -g homebridge-irkit
$ sudo npm install -g homebridge-cmd

(2016-07-27 追記)IRKit を使う際には、常に Bonjour が使える環境にあるとも限らないので、IP アドレスを固定するのがよい。 IRKit 側からは固定できないので、公式 にある方法で IP アドレスを発見してから、ルーター側の設定で IRKit の MAC アドレスと IP アドレスの関連を固定させる。

自宅のルーターでは Internet/LAN > DHCPリース の項目から可能だった。

IRKit の現在の IP を調べるには Mac で以下のコマンドを実行。

$ dns-sd -B _irkit._tcp
$ dns-sd -G v4 irkitxxxx.local

(2016-07-27 追記ここまで)

設定

設定ファイルの位置は ~/.homebridge/config.json と決まっているので、このファイルを作成して設定を書いていく。今回は、リトライ数などのきめ細かい制御は Python で記述し、Homebridge からはそのスクリプトを呼び出すだけとした。

 $ vi ~/.homebridge/config.json
{
    "bridge": {
        "name": "Homebridge",
        "username": "CD:22:3D:E3:CE:30",
        "port": 51826,
        "pin": "031-45-154"
    },

    "description": "Samoyed!",

    "platforms": [],

    "accessories": [
        {
            "accessory": "CMD",
            "name": "リビングの照明",
            "on_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py living_light select_b",
            "off_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py living_light off"
        },

        {
            "accessory": "CMD",
            "name": "寝室の照明",
            "on_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py bedroom_light full",
            "off_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py bedroom_light off"
        },

        {
            "accessory": "CMD",
            "name": "暖房",
            "on_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py aircon heating_on",
            "off_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py aircon off"
        },

        {
            "accessory": "CMD",
            "name": "冷房",
            "on_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py aircon cooling_on",
            "off_cmd": "python /home/pi/Documents/python/irkit.py aircon off"
        }
    ]
}

daemon

$ sudo useradd --system homebridge
$ sudo mkdir /var/homebridge
$ sudo chown homebridge:homebridge /var/homebridge/
$ sudo su homebridge -s /bin/bash
$ vi /var/homebridge/config.json
$ exit
$ sudo vi /etc/default/homebridge
# Defaults / Configuration options for homebridge
# The following settings tells homebridge where to find the config.json file and where to persist the data (i.e. pairing and others)
HOMEBRIDGE_OPTS=-U /var/homebridge

# If you uncomment the following line, homebridge will log more
# You can display this via systemd's journalctl: journalctl -f -u homebridge
# DEBUG=*
$ sudo vi /etc/systemd/system/homebridge.service

システムによって実行ファイルの位置が異なる可能性があるので、事前に $ which homebridge を実行しておき ExecStart にはそのパスを記載する。

[Unit]
Description=Node.js HomeKit Server
After=syslog.target

[Service]
Type=simple
User=homebridge
EnvironmentFile=/etc/default/homebridge
ExecStart=/usr/local/bin/homebridge $HOMEBRIDGE_OPTS
Restart=on-failure
RestartSec=10
KillMode=process

[Install]
WantedBy=multi-user.target
$ sudo systemctl daemon-reload
$ sudo systemctl enable homebridge
$ sudo systemctl start homebridge

$ sudo systemctl status homebridge で状態を確認。 $ sudo journalctl -u homebridge でエラーを見る。

iOS 側からは新しい機器として認識されるので、再度登録し直す必要がある。再登録に問題が生じる場合は、このあたり を参考に、/var/homebridge/persist/ を消したり username を変更したりする。