読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X Mavericks に Ureka1.4.1 を導入

この記事は KainokiKaede Advent Calendar 2014 14日目の記事です(大嘘)

なぜ Yosemite ではなく Mavericks の記事かというと、書き溜めだからです。ごめんなさいね。

Astropy, IRAF, PyRAF をそれぞれ単独で導入することの困難さを解決したい

Python を用いて天文データの解析を行いたいが、Astropy が pip でインストールできない。IRAF を入れたはずだがうまく動かない。PyRAF も動かない。どうしようかと悩んでいたら Ureka なるパッケージを見つけた。上記のものがいっぺんに導入される。何がインストールされるかは Components を参考に。入れるのが難しそうなモジュールがいろいろ入っていて、これ天文以外にも使えるんじゃないですかねといった感じだ。アンインストール も簡単である。

Ureka のインストール

導入方法は 公式 を参考に。

sh install_ureka_1.4.1 をしたディレクトリに Ureka ディレクトリができ、その下にバイナリが展開される。なのでたとえば Downloads ディレクトリでこのコマンドを打つべきではない。適当なディレクトリを見つけてそこに展開してやるべきだろう。ちなみに Downloads に展開してしまっても、Ureka ディレクトリごとどこかに移して、そのディレクトリで bin/ur_normalize を実行すれば移行が完了する。しかしその際はリファレンスの書き換えなどが行われて時間を食うので、どうせやるなら最初から目的のディレクトリで sh install_ureka_1.4.1 を実行しておくべきだ。

インストールには30分ぐらいかかるけど辛抱。Updating shebang lines… で長時間止まったように見えるけど辛抱。

$ sh install_ureka_1.4.1
About to install Ureka 1.4.1 in
/Users/hogehoge/Ureka
Continue? Enter yes or no [yes]: yes
...
======================================================================
Ureka is installed.  Log in a new terminal window and type the command
    ur_setup
or
    ur_setup common primary
to select your Ureka environment.  'ur_setup -h' will show some help.

Installation complete

For more information about how to use Ureka, check out the online
documentation: http://ssb.stsci.edu/ureka/1.4.1/docs/index.html

使い方は ドキュメント を読む。ur_setup で Ureka 由来のコマンドが使えるようになる。ur_forget でそれらを deactivate する。

ds9 とかを使えるようにするために XQuarts も入れておく。

PyRAF を使用してみる

ついでに、せっかくインストールしたのだから IRAF の Python によるラッパである PyRAF を使ってみよう。PyRAF は実行ディレクトリにいろいろとファイルを作るので、あらかじめ実行用のディレクトリを作っておいたほうがよい。

$ mkdir pyraf
$ cd pyraf

とりあえず mkiraf を実行して login.cl を作ってもらおう。ターミナルタイプをデフォルトの xterm-256color のままにするとエラーが出る。公式 によれば xgterm でないと動かないものもあるようなのでそれにしよう。

$ mkiraf
Enter terminal type [default xterm-256color]: xgterm

そして pyraf を起動する

$ pyraf

コマンドリストは ? で表示できる。プロンプトから抜けるときは .exit と打つ。

これ以降の使い方は人によって異なると思うので私はここで筆を置く。