読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac に bash-completion, git-completion を導入する

bash-completion

zsh ユーザーに dis られる前に completion できるようにしよう。

$ brew install bash-completion

~/.bash_profile に以下を追加。

if [ -f `brew --prefix`/etc/bash_completion ]; then
    . `brew --prefix`/etc/bash_completion
fi

導入が成功していれば、ssh と入力して TAB を押すと IP のリストが表示される。

git-completion.bash

これを導入すれば git のコマンドを補完してくれるようになる。上記リンクから git-completion.bash をダウンロード。これを適当な場所に置いて、.bashrc に以下のように記述する。

source /path/to/git-completion.bash

ついでに git-prompt.sh を導入すると現在のブランチなどが表示されるようになって楽しいらしい。これも導入する場合は .bashrc の記述は以下のようになる。PS1 の部分は自分で表示させたいようにアレンジできる。

source /path/to/git-prompt.sh
source /path/to/git-completion.bash
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
export PS1='\[\033[32m\]\u@\h\[\033[00m\]:\[\033[34m\]\w\[\033[31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\]\$ ‘

でも正直ほとんどの操作を GUI でやってしまう派なので CLI で Git 扱うことあまりありません (´・ω・`)